SSブログ

真白なモトビに赤・青・黄・緑・橙の各色揃踏み [プライベート]

天気予報では夜中に雪と告げてはいたものの、起きてみれば雨の痕跡すらなく途中一人拾って圏央道を埼玉へ。
高尾山に差し掛かるとオオー!軽くですが雪景色、都内(八王子)にある低山とはいえ山は山だからなーなどと思っていたら、いやいやこの辺りから埼玉方面が降っていたって事なのね。
1.jpg
モトビもすっかり雪景色。
その昔FISCOにオフロード(MX)コースがあった時分には、真白なコースに自ら付けるタイヤ痕なんて事もありましたけど・・・
店長がブルで均して何時ものモトビになりましたとさ(ご苦労様です)。

なもんで、真白なモトビに各色じゃなく茶色いピットに各色というのが本当なところ(何故かポットに雪は積もっていなかったです・・・早々に撤去したの?)
この日は赤1・青2・黄1・緑3・橙2という面子。
2.jpg
トランポに黄125を入れている人もこの日は子供の橙85であったり、緑1台はちっちゃ過ぎて(KLX110L)写真に収まってなかったりでした。
BCRT本来の姿であれば、ちっちゃな緑が数台増えて赤の台数が増えるんですけどね(青もね)。
なかなか全員集合とはまいりません。
それでも、都合の付くメンバーが揃って走れるのは嬉しい事です。
今年もこんなシチュエーションを多く見られると良いのですが・・・出来ればBCRT以外のBC仲間にも多く集って頂きたいものですね。
そうすればプライベート走行でも貸切感が・・・
ところがどっこい、この日の走行台数の多い事。
A/B/Cにクラス分けしていたんですけど、各クラス2~30台は走っていたんじゃないかな。

転倒のイメージを引きづっている私としては、”のんびり”とリハビリしたかったんですけどそうも言ってられず、致し方なく分不相応にAクラスで走る事に。
3.jpg
正に動くパオロン状態!
右に左にアウトからインから抜けれたい放題、っていうか邪魔だったかな?
何時もにもまして速かった気がするAクラス(しかも台数が多い)。
それでも、どうにか恐怖に打勝つ切っ掛けはつかめたかな?
何時もなら気にしないモトビテーブルのアプローチも、転倒して以来どうしてもフロント下がりで上手くいかなかったんですけど、タイミングを少し早めにして如何にか修正(私のレベルだと何かと時間がかかるのね)。

そこいくと、年末のレースで怪我をして復帰したばかりのYZ250FXは、午前中だけ様子見で午後からは完全復調のようにみえました。
4.jpg
本人は今一と思っていたかも知れませんけど、追い縋れない私としてはそう思わざる得ない(そう思いたい)。
益々持って自らの立場が怪しくなってきているので、今年は一踏ん張り気合を入れて走りますよー。
息子もマシンをYZ125にステップアップして追いかけてきているからね・・・なんて嘘!本当はKX85Ⅱの時に既に敵わなくなっていたのでしたトホホのほ。
ってYZ125は次頁で。

写真はですねー
CRF150Ⅱさんの知り合いの女性が撮影してくれましたので(有難う)、私はYZ125だけ撮っていました。ので、そちらをリンクしておきます。
Google共有アルバム?:

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0