So-net無料ブログ作成
プライベート ブログトップ
前の5件 | -

30km一回り至る所で春爛漫 [プライベート]

久しぶりのブログです。
何もしていない訳ではないんですけど、敢えて話題にする程でもないというか、したいんだけど写真がなかったりで、一月ぶりになっちゃいました。
このブログにも然して意味はないんですけど、特別な事をするでもなく名所を訪ねるでもなく、休日に家からグルっと30km程を一回りしてくるだけで、至る所で春を身近に感じる事が出来ますよって話なのです。
2020.2.17春/由比ガ浜.jpg
自転車で鎌倉を抜け由比ガ浜海岸へ、ここから134号を江ノ島/神奈川県立湘南海岸公園へ、春一番って事ではないんでしょうけど、風が強いのなんの。
いつも思うんですけど、このルート逆風なんですよね、風に煽られるは砂粒痛いは波被るは。
この時点では別に春って感じはしないんですけど、ミドルパンツにTシャツってランニングウェアでも額に薄っすらと汗が、の割に風は冷たく透き通っているってのが、春と言えば春らしいかも。
富士山くっきり!
2020.2.17春/神奈川県立湘南海岸公園.jpg
ここから境川沿いを気持ちよくチャリチャリと。
下藤が谷公園では、既に河津桜が咲き誇っています。
2020.2.17春/下藤が谷公園.jpg
何処って事ではないですが、菜の花の黄色の鮮やかな事。
2020.2.17春/菜の花.jpg
新林公園では、紅白の梅が美しく咲いています。
2020.2.17春/新林公園.jpg
梅と桜って時期もそうですが、花びらの先端が丸っこいか先割れしているか、枝からポコポコって一つづつ生れてきたかのように咲く梅に対し、花枝幾本まとまって広がって咲く桜って感じで、微妙な違いなんですけど印象は大きく異なりますよね。
満を持しての生命力と個としての主張を感じさせる梅、時間の経過と艶やかな儚さを纏う桜って感じでしょうか?人それぞれだとは思いますけどね。

この新林公園で自転車を降りて休憩、じゃなくて、山道をトレランモードで軽く走ります。
2020.2.17春/鎌倉中央公園1.jpg
再び自転車で、今度は鎌倉中央公園で休憩、じゃなくて、再びトレラン開始。
戻ってこなくちゃいけないので、グルっと軽く一回りってトレランです。
2020.2.17春/蕗の薹.jpg
蕗の薹、ちょっと遅かった(少ないし)。
奥の方には梅林もあるのですが時期尚早、なのに桜は満開(一か所だけね)です。
2020.2.17春/鎌倉中央公園/桜.jpg
マウンテンバイクランとトレラン合わせて35km程度かな。
軽く散歩程度でグルっと一回りするだけで、鮮明な彩が至る所で目に留まります。
空に大地に風に日差しに春爛漫。
毎年の事ですけど、目に映る色彩が鮮やかで華やかになってくると、春だなーって思いますよね。

さーって、始めるか!

モトビにBCRTのレッド,ブルー,イエロー,グリーン,オレンジ揃踏み [プライベート]

13日月曜祝日(成人の日)に、正月以来2度目のモトビ入り。
5名にして5色、流石BCRT、統一感のなさが”らしい”ですね(笑
勢力としては、ブルーのシェアが拡大する一方なのかな?
実際は?
HONDAレッドが5台(BC試乗車のCRF125F含む)
YAMAHAブルーが7台
SUZUKIイエローが3台(RM-Z250+RM125x2所有者は1台カウントで)
Kawasakiグリーンが5台(BC試乗車のKLX110L含む)
KTMオレンジが3台
HUSABERGブルーが1台
BOSSはYZ125のYAMAHAブルーと試乗車、DAIKIはKX250FのKawasakiグリーンと試乗車、IijimaはKX250FのKawasakiグリーン(MX)と250EXC-FのKTMオレンジ(ED)の両刀使いって事でカウントしています。
HusqvarnaとかBETAとかってのが混ざっても、面白いかも知れませんね。
実際、BCRTではないにしろ「BASE CAMP EnjoyOFFROAD 走行会」常連軍団さん達がそうですからね。

その中で今回参加したのは、
HONDAレッドのCRF125F
bcrt_crf125f.jpg
KLX110Lからスイッチしてから相性がいいのか?面白いのか?やたらと走り回っているようです。
インジェクションに物足りなさを感じてはいるようですが、なりに頑張って!

YAMAHAブルーはYZ125のBOSSなのですが、例によって例の如く写真なし。
でも唯一、動画を撮っていてくれていたので、YouTubeではなくGoogleアルバムの一部としてUPしておきます。

Google:2020.01.13 モトビフリー
勝手にフリースタイルの練習風景もUPしちゃってますので、ご了承を。

SUZUKIイエローは、今回はRM-Z250'19ではなくRM125'98(複数台所有)
bcrt_rm125.jpg
マシンのポテンシャルとしては圧倒的にRM-Z250なんだけど、相性ってトータルバランスではRM125の方が安定してるのかな?
ライダーそのものが旧タイプだから致し方ないか(笑

KawasakiグリーンはKX250Fを駆るDAIKI
bcrt_kx250f_daiki.jpg
エンジンOHにサスのリバルビング、そして曲がっていたラジエターを交換しデカール一新、本人のヤル気も一新?
転び方の質が変わってきたのは確かかな?

KTMオレンジは250EXC TPI
bcrt_250exc_tpi.jpg
'17 YZ250Fから250EXC TPI=MXからED=4ストから2スト、年々乗れる機会が少なくなってきている昨今、幅広く遊べるモデルにチェンジしたつもり?
本人曰く、想定以上に面白いようで何より何より。
MXコースでEDコースで、各々のシーンに合ったサスペンションのセッティングが決まると、より安定して安全に楽しめると思うので早めにセットアップしていきましょうね。

私の写真がないのは毎度の事なんですけど、今回は皆の写真も少なめです。
何故なら、私もそれなりに楽しく走りまくっていたから。
左足の状態が少しづつ良くなってきているようで、下駄がなくてもYZに跨がれるようになりました(キックもどうにか)。
多少アグレッシブに走れるようになってきたけど、やっちまったフープスでは(当時より遥かに低く簡単になっているにも拘らず)心と身体が硬直します。
自分では全体的に上向きなつもりなんだけど、皆からは危険な香りがプンプン[いつ何時やらかすか気が気じゃない]って言われてます(笑

この後、マシンチェンジするBCRTメンバーが2人。
待ち遠しいですね!!

モトビで走り初め [プライベート]

新年 明けましておめでとうございます。
今年も何卒宜しくお願い致します。

2020年一発目のブログネタ。
本日1月3日「モトクロスビレッジで走り初め」から始めたいと思います。
されど、BCRTの中心メンバー達は、仕事に家庭に何かと大忙しの40代。
時間もないしお金もないしって世代ですかね?
数年前までは、年末の走り納め/年始の走り初め、各々10名前後の参加者がいたように記憶していますが、なかなかに難しい昨今です(その年の日付にもよると思いますけど)。
って事で、今日は5名程の初顔合わせとなりました。
2020.1.3 BCRT走り初めモトビ1.jpg
YZ125/KX250F/CRF250R/85SX/RM125って面子です。
我々以外は、何事ですか?今日って何かのイベント/レース?って程の大賑わい。
Cクラスは65ccキッズが多かったかな。
そこに引率のお父さんが走っていたり、初級の人が数名混ざってって感じ。
怪我からの復帰リハビリ【85SX】さんもです。
2020.1.3 BCRT走り初めモトビ85SX.jpg
Bクラスは当り前の事ですがCクラス以上Aクラス以下なんですけど、物凄く幅が広かったように感じましたし台数が多いのなんの。
【85SX】さんの息子さん【RM125】君と、正月だと言うのに抜けだしてきた【CRF250R】さんもBクラスを走ります。
因みに私もBクラスなので、私と同じ走行クラスだと写真が殆どありません。
尤も、その私の写真は1枚もないんですけどね(泣
2020.1.3 BCRT走り初めモトビRM125.jpg
2020.1.3 BCRT走り初めモトビCRF250R.jpg
Aクラスも、通常10台前後ってところ、今日は20台以上走ってたかな?
目▽って感じではなかったようですが、それでも圧倒的な平均ペースが見物でした。
11月の「BASE CAMP Enjoy OFFROAD モトビ走行会」から2ヶ月ぶりのモトビでしたが、いつのまにかサンドコースに変わったの?
粒子の細かな砂埃舞うふかふかサンドに、午前中ちょっと困惑。
エンストに立ちゴケ?転倒、潰れて曲がっていたラジエターと亀裂が入ってタイラップ固定していたシュラウドにサイドカバーを交換して、序にデカールも新調したんだから大事に乗って頂戴ね。
2020.1.3 BCRT走り初めモトビDAIKI_KX250F1.jpg
2020.1.3 BCRT走り初めモトビDAIKI_KX250F2.jpg
2020.1.3 BCRT走り初めモトビDAIKI_KX250F3.jpg
午後一発目の走りは良かったんじゃないかな!?
危なげなく無理せずバランス良くトラクションもかかってスムーズで、何より珍しく集中が途切れてなかったのがBEST!
なのですが、残念ながら砂埃と陽射しでコースが見え難くなってきたので、早々に撤収しました。
転んでモトパンをエキパイに接触させ、溶け破れてきたからってのも一因だったかな(笑

Google:2020.1.3走り初めモトビ

私はって言うと、
年末に無理して(したつもりじゃないんですけど)悪化させてしまった?左足首(踵/踝/甲)と、庇って走ったが故に筋肉痛の右足(太股/脹脛)が痛くて・・・
おまけに、その後大人しくしているつもりでベッドでみていたAmazon Prime Videoぶっ通し数時間が原因なのか、腹筋と腰が痛くて・・・
それでも折角なので積んで準備して運転して、びっこ引きながら受付して、真面痛!ってブーツ履いて、様子見ながらゆっくりゆっくり・・・
シフトチェンジが厳しかったので、スタートから3速固定で終始無理せず走ります。
徐々にペースを掴んできたものの、立ちゴケのような転倒数回、特に問題なし。
ちょいちょい楽しく走る事が出来ましたし、痛さ倍増って事ではなく何故か解れて調子が良くなる左足(毎度なんですよね嬉しい事に)。
昨年GWに踵骨折して半年、おそらくは完治までに今年1年は要すると思うので(完治はしないかもだけど)上手に怪我と付き合っていこうと思います。
マシンも4ストにチェンジしようかと少し迷いましたが、今年も2ストYZ125と更に仲良くなれるよう付き合っていこうと思っています。

って事で、皆さん本年も何卒宜しくお願い致します。

12月31日だってのに陽射し暖かな一日でした [プライベート]

今日は本当、暖かな一日でしたよね。
陽射しも気持ち良くて日焼けしてしまいそう。

折角のお休みですし、天気も良いし、用事もないし、
踵の怪我の治り具合を確かめつつのリハビリで、ランニングウェアに身に纏い鎌倉のハイキングコースへと歩き出します。
ランニングウェアつっても、本当暖かだったから上はノンスリーブで充分。
(上下のウェアにウインドブレーカーとか、ちゃんと背負ってますけどね)
2019.12.31boss1.jpg
この井出達でも、早々額から汗が一滴。
12月31日だとは思えません、、真面で日焼けしそうです。
さてさて、どのルートで何処まで行こうか?
正直、絶好調には程遠い状態です。
骨折した踵(自体は多少変形しているもののくっついてる)そのものより、踝?足首?甲の痛みが消えないので軽くビッコ引きながらの軽めのトレイルランニング。
六国見山方は入らず、北鎌倉を抜け明月院脇から天園ハイキングコースへと入ります。
台風の影響による倒木は多々あるものの、枝は切り落とされ、跨いだり潜ったり出来る程度には手が入っています。
鎌倉市としては通行止めという発表をしていますし、現にその旨の看板が設置されていますので、そのような場所は安易に各自の判断で入っていい訳ではありません。
前回も前々回も道に迷ってしまった人や、突破困難(危険)と思える人等、助言したり誘導したりピストンして行ったり来たりの私でしたが、その行為自体が許可を得ている訳ではありませんし、私の足自体不安があるので本来はNGです(重々承知はしているのですが申し訳ございません)。
云々置いといて
2019.12.31boss2.jpg
ドングリの種類が微妙に違うんですよね。
初秋/半ば/晩秋と、大きさはまちまちなれど細長い形のドングリ=コナラ?ミズナラ?マテバシイ?が大半だったのに、それらが大地に吸いこまれてしまった冬の今、丸っこいドングリ=笠の部分(殻斗と言うらしい)の形状・模様からしてもoooガシの仲間なのかが、まだ姿形を保っています。
クヌギがなかなか落ちてないんですよね。
2019.12.31boss3.jpg
大まかなメインとなるルートは、多少なりとも整備されてきているものの、少し外れてしまうと台風の影響そのままの場所もありますので充分注意して下さい(って言うか無理せず引き返して下さい)。
瑞泉寺ルートも、非常に険しいところが残っています。
一般道204号を跨いでの反対側、逗子へのルート衣張山への上りも同様ですね。
逗子ハイランド方面から入ってくる方が、安全でお勧めです。
2019.12.31boss4.jpg
名越切通を経て逗子マリーナを経て材木座海岸へ到着。
この段階で既にギブ。
まだまだ完治には程遠いと言う事を思い知らされました。
左足踵辺りが痛いのなんの、それを庇っている右足の脹脛と太股の筋肉がパンパン。
何故か意味不明で左肩がギシギシ(ノンスリーブで冷えたかな?)。
時間にしても好調時の倍以上かかっています。
2019.12.31boss5.jpg
2019.12.31boss6.jpg
でもそれはそれ、山に海に冬とは思えない陽射しと暖かさに恵まれ、今日と言う一日が気持ち良い!

尤もこの後、風がビュービュー強くなり陽が陰り急激に気温が下がり、ですよねって感じ(笑
足も限界近しだったので、再び山に入る事はなく、一般道を最短ルートで帰りましたとさ。
途中鎌倉のマックで、お昼代わりにバニラシェイクS飲んで。

3日はモトビで走り初めの予定なので、明日明後日は安静にしておこうかな?

ちょっと走れるようになって、気を良くして走りに行ったものの [プライベート]

ですです。
ビビりながらではありましたが、オフビをYZ125で走れるようになって気分上々。
走った後も、半ば強引に動かしているからか?足首が解れて良い感じ。
ブーツは重くて圧迫されて痛いけど、回復の兆しあり!
って事で翌日、トレランいけんじゃないの軽~くなら。
2019.11鎌倉ハイキングコース台風1.jpg
2019.11鎌倉ハイキングコース台風2.jpg
台風の影響で、鎌倉のハイキングコースは困難な状況でした。
雑木ではなく、この先に道が有ります。
私自身も思いの外って言うか、案の定と言うべきか、[ですよね]って状況でした。
山の中を気持ち良く走るには、まだまだ時間が必要なようです。
それでも、気分良く(走らずに)歩く歩く。
2019.11鎌倉紅葉.jpg
誰がどう見ても一目瞭然、絵に描いたような写真で見たようなTV映像のような紅葉は確かに美しいかも知れませんが、人の手を介していない彩りが色づきが美々しく感じます。
2019.11鎌倉谷戸の池.jpg
紅葉していなくても、こんな小さな溜りであっても素敵ですよね。
見上げる先だけではなく、視線を下げれば足元に、自然の営みが一つ二つ。
リスでも野兎でもないので狸?アライグマとかハクビシンって事も・・・
2019.11鎌倉獣の足あと.jpg
かと思へば、ゆらゆらと頼りなく陽射しを透かす羽が舞う。
2019.11鎌倉ウスバカゲロウ.jpg
実は短命ではなく、一月は舞い続けるらしいですよ。
地中にいる時の生命力(アリジゴク)とは、似ても似つかぬ姿(ウスバカゲロウ)ですよね。
一方こちらでは、新たな生命を産みつけている最中の様です。
2019.11鎌倉カマキリ産卵.jpg
動の生があれば、静の生もあり。
久しぶりに見ましたカラスウリ、その昔は至る所で見にした様な気が。
2019.11鎌倉カラスウリ.jpg
それこそ季節の移り変わりは、眼差しを気持ちを向ければ広げれば至る所で見つかります。
秋の気配ですよね。
2019.11.4鎌倉秋の気配.jpg
なーーーんて、久しぶりに野に分け入り、ゆるりと歩めば、そこにはそこの今だからこその景色が模様が広がります。
秋だから?急く事の叶わぬ自分だから?
なーーーんて、早いとこ完全復活して、足で走って自転車で走ってバイクで走って、ONをOFFを楽しく走り続けるブログを綴らねば・・・
ここからは怪我だけではなく年齢との鬩ぎあいも必須です必至です(笑

前の5件 | - プライベート ブログトップ