SSブログ
気になるアイテム ブログトップ
前の5件 | -

CRF150Lが入荷してきました [気になるアイテム]

【Kawasaki:KLX150L】
【YAMAHA:WR155R】
に続き【HONDA:CRF150L】が入荷してきました。
これで、150cc(155cc)軽二輪登録のインドネシア輸入モデルが揃踏み。
【SUZUKI:DR-Z150L】なんてモデルが存在していないので残念(笑

KLX150LでもWR155RでもCRF150Lでも始まりの文言は共通です。
リコール&クレーム何よりその完成度に耐久性=信頼性が?
車両の販売価格はまあまあ抑えられているようですが、販売モデルの製造年式が最新だったり数年前だったり、勿論年間を通して安定供給という訳ではありませんしね。
流通他国の事情は知りませんけど、150cc/155ccだと国内では軽二輪登録となります。
原付ではないので、所謂250ccクラスの保険/税金が適用されます。
故に高速道路(有料道路)での走行が可能となります。
なりますが、エンジン&シャーシの性能そもそも開発コンセプトからして万全という訳ではないと思います。
正直、躊躇していましたが、昨今の国内メーカー/モデルのラインアップや〇〇〇禍他の影響による生産/供給体制からして多少のリスクは止むを得ないのかなと・・・
2022 CRF150L 1.jpg
カラーリングからすると2022年モデルのようですが、車体番号からすると2021年モデルとなるようです(2021年⇒2022年継続モデルという事でしょうか)。
この度入荷したCRF150Lエクストリームレッド(Extreme Red)は国内販売のCRF250Lにクリソツですが、インドネシアではRedの他にBlackとWhiteとGreenがあるようです。
2022 CRF150L 2.jpg
スペックや価格など、国内販売のCRF250Lと比較するか?インドネシアシリーズのKLX150LやWR155Rと比較するのか?面白くも難しい選択となりますね。

CRF250Lが250cc水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒/18kw/23Nmであるのに対し、CRF150Lは150cc空冷4ストロークOHC(SOHC)2バルブ単気筒/9.51kw/12.43Nmとなります。
因みに車両重量はCRF250Lが140kgなのに対しCRF150Lは122kgとなります。
CRF150Letc1.jpg
燃料供給方式はインジェクションPGM-FIで始動方式はキック/セル併用式、シフトは常噛5段リターンとなります。
空冷なので当り前ですがラジエターはなくカッコだけ形状だけのラジエターシュラウド、タンクも昔ながらの形状ですね。
CRF150Letc2.jpg
フロントフォークは調整機能はないものの倒立が採用され、リヤショックもやはり調整機能はないのですがバネ定数がダブルナットで調整可能となります。
実際に試走した訳ではなく跨っただけの感想ですが、ストロークはないものの腰はある感じでしょうか?OFFとしての運動性よりも、走行安定性のあるツーリング向けなサスペンションのような気がします。
車重もそれなりにありますので、グニャグニャサスだと難しいかな?
勿論二人乗りも可能ですので、リヤショックを調整してみるといいかも知れませんね。
CRF150Letc3.jpg
ブレーキは前後シングルディスクでタイヤはフロント2.75-21+リヤ4.10-18、ブラックアルマイトリムがイケてますよね。
ハンドルポストの向きを変える事でハンドル位置を近く/遠くに調整できるのと、ステップのラバー部分を外してOFF仕様に出来るのが、ちょっとばかし有難いかな。
CRF150Letc4.jpg
メーターは今時のデジタルですが、ヘッドライトにウインカーやテールライトはLEDではなく従来通りの電球となります。
バッテリーはGTZ5Sが、左側サイドカバーの内側に装備されています。
CRF150Letc5.jpg
そのバッテリーの後方部分には、車載工具や書類が収納可能な小柄なケースが装備されています。
工具がないと車載工具を取出せない何てことは勿論なく、サイドカバーはグロメットと爪に小銭で脱着可能なスクリューで固定されているので一安心(当り前)です。
因みに工具がないと外せない右側のサイドカバーの中に、乾式のエアクリーナーエレメントが装着されています。
ヘルメットホルダーなんてものまで付いていて市販車っぽいですよね。

・・・パット見、一番安心感が漂っているのがこのCRF150Lでしょうか。
唯一の国内販売オフロードモデルであるCRF250Lもある事ですし、オーソドックスなスタイルに市販車っぽい重量感もその要因なのかなと思います。。
今現在目の前に、2022年モデルの新車であるCRF125FがあってCRF250RがあってCRF250RXがあって(CRF250Lはないけど)CRF150Lがある。
ほぼほぼ同じカラーリングなので、余計にそう思うのかも知れませんけどね。
とは言ったものの、国内メーカー販売モデルではないのでリスクがない訳ではありません。
冒頭の説明文はKLX150L/WR155R/CRF150L同様というか全く同じですし、末尾もコピッって使います。

メンテナンス等に関しましては、基本的に純正部品はインドネシアより都度取寄せとなりますので、通常でも二カ月を要しますし〇〇〇禍の影響下では数カ月の時間がかかる場合もあると思いますので、予めそれなりの覚悟が必要なのかなと思います。
リコールやクレーム等の保証がある訳ではありませんし耐久性の程も不確かなので、各自の許容範囲次第なのかな思います。
皆さんはどう思いますか?

共通テーマ:バイク

KLX150LインドネシアOEMカスタム [気になるアイテム]

・・・って言う程大層なものではないんですけど、インドネシアD-TRACKER150の純正部品であるガード類を装備したKLX150Lがあってもいいんじゃないかな?って事で、【KLX150L OEM Custom】と銘打ってみました(笑
KLX150L市販カスタム1.jpg
BC試乗車のKLX150Lにはフレームガードとアンダーガードのみ装着しましたが、【KLX150L OEM Custom】にはハンドガードも追加してみました。
KLX150L市販カスタム2.jpg
純正部品なので当り前のことなんですけど、まるで違和感なし。
普通!至って普通です(笑
強度云々といわれると微妙かもですが、コストパフォーマンス的にフォルム的には全然O.K.!!なんじゃないかと思います。
KLX150Lハンドガード+フレームガード+アンダーガード.jpg
ハンドガードは別に取付ステーがある訳ではなく、ブレーキ/クラッチホルダーと専用のボルトに交換して貫通共締めにするタイプです。
フレームガードは、取付用のナット部分が予めフレームにマウントされていますので極めて簡単に装着可能です(故にKLX125には取付不可となります)。
アンダーガードは、エンジンブラケットをアンダーガード取付ステーがついている部品に交換する必要があります。
更にフレームガード同様に、予めフレームにマウントされているナット部分を使って取付けます。
残念ながらKLX125には装着不可能なようですね(工夫すればでしょうけど)。

そもそもKLX150Lって???
それは言いっこなし!!!

更に更に、クローズドカスタムまで検討しているんですから(独りよがりでね)。

共通テーマ:バイク

2022モデルCRF125F入荷しました [気になるアイテム]

ご存じかも知れませんが、2022年モデルのCRF125Fの予約が始まったかと思いきや即座に完売してしまった昨年の事を・・・
台数限定販売ですからね、早い者勝ちって言えばそれまでですが流石にね・・・
主に関東勢からなのか?すったもんだの挙句、追加オーダーを受付ける事と成りました。
BCでもね、うっかりしてましてBCRTメンバーから聞いてビックリ!!
お陰様で追加のオーダー分が漸く届いたという訳なのです。
2022モデルCRF125F_1.jpg
2022モデルCRF125F_2.jpg
CRF450Rと共通のカラーリングがカッコ良いですよね!
カラーリング(カウルやグラフィック)の変更だけで、ファンライドっぽさが薄れモトクロッサー感が際立っている様に思います。
CRF125Fでこのカッコ良さなんだから、自分用に予約しているCRF250Rは最高にイケてるんだろうな。
なんて、既にコースで幾度となく目撃しているので今更なんですけどね(笑
2022モデルCRF125F_3.jpg
その2022年モデルCRF250Rなんですけど、実はちょっとばかし迷ってまして。
現相棒である'16 YZ125が棄て難い。
そりゃ最新モデルである4ストであるCRF250Rの方が、旧モデルとなってしまったYZ125より走りやすいであろう事は分かっているんですけどね。
速く走れる可能性がある分、実はより一層のリスクもあるんですよね。
自分は飽くまでもファンライドだし、気分上々の2ストYZ125気に入ってるんですよね。
なので、もし検討されている方がいらっしゃるのなら?是非と言われるのなら???
BC試乗車CRF125F.jpg
私には、このCRF125F試乗車がありますしね。
同じバイクの筈なのに、弄っているのにファンライドっぽい(笑
私には分相応かも知れません。
それにKLX110Lもありますし、新たにKLX150Lも仲間に加わりますしね。
それぞれを如何に楽しく乗って表現するか、それこそが私の役割ですからね。

目の前の2022年CRF125Fでも愛でながら、5月まで悩むとします(笑

共通テーマ:バイク

CRF150Lが3月入荷予定!! [気になるアイテム]

'21 CRF150L 1.jpg
インドネシアより輸入されているKLX150LそしてWR155Rに続いて、【CRF150L】2021年モデルが3月に入荷予定となりました。
カラーリングは赤/白/黒/緑の4色らしいのですが、BCでは定番のエクストリームレッドを3台予約しています。

SNSではちょいちょいお目見えして、人気を博しているようですよね。
私もモトクロスヴィレッジで実車を垣間見たことがありますが、カッコ良かったです!
市販車っぽい、柔らかな地についた印象でした。
KLX150Lよりも、ほんの少しだけゆったりとした雰囲気だったかな?
KLX150L vs CRF150L vs WR155Rといった図式ですけど、機能/装備的/スペック的に類似していますので(インドネシア3兄弟だからw)悩むところでしょうけど、似て非なるもの!ちょっとした特徴で使い勝手や好みが分かれてくるのかも知れませんね。
同じ車種であっても、年式によって違ってますしね。
現時点でのKLX150LとCRF150LとWR155Rでは、空冷vs水冷/2バルブvs4バルブ/キャブvsインジェクション/キック+セルvsセルオンリー/正立vs倒立に加えて、国内モデルとの部品の互換性とか価格とかが判断材料になってくるのかなって思います。
'21 CRF150L 2.jpg
各モデルの試乗車があれば(乗り比べ出来れば)いう事ないのですけど、それなりに情報は飛び交っているようですし、ぶっちゃけ言い方は悪いですが[それ程のものでもない]といったところなのかなって気がしないでもないです(笑
KLX150L試乗車とWR155Rユーザー車をちょいと乗った印象としてですけどね。

勿論、諸々のリスクはありますが、国内モデルが販売されない以上致し方なしって状況なので、自ずと注目ですよね。
尤も、昨今、公道走行可能なオフ車って?需要あるのって?話でもあるんですけどね(笑


共通テーマ:バイク

WR155Rが入荷してきました [気になるアイテム]

前頁の「KLX150Lを試乗車登録」前々頁の「今更ながらKLX150Lが入荷しました」に続き、インドネシアの【YAMAHA:WR155R】が入荷してきました。
インドネシア輸入モデル云々は全く同じですし、内容に関しましても同様に綴っていきます。

【YAMAHA:WR155R】知ってはいたんですけど、後々の修理と部品供給?
リコール&クレーム何よりその完成度に耐久性=信頼性が?
車両の販売価格はまあまあ抑えられているようですが、販売モデルの製造年式が最新だったり数年前だったり、勿論年間を通して安定供給という訳ではありませんしね。

流通他国の事情は知りませんけど、150cc/155ccだと国内では軽二輪登録となります。
原付ではないので、所謂250ccクラスの保険/税金が適用されます。
故に高速道路(有料道路)での走行が可能となります。
なりますが、エンジン&シャーシの性能そもそも開発コンセプトからして万全という訳ではないと思います。

正直、躊躇していましたが、昨今の国内メーカー/モデルのラインアップや〇〇〇禍他の影響による生産/供給体制からして多少のリスクは止むを得ないのかなと・・・
WR155R_2021_1.jpg
KLX150Rはライムグリーン一色でしたが、WR155RはディープパープリッシュブルーソリッドEとヤマハブラック各色です。
KLX150RとWR155Rは、同等のモデルかと思いきや?ちょっとばかし異なる雰囲気かも知れません。
WR155R_2021_2.jpg
実質的な、空冷><水冷の違いやキャブレター><インジェクションって違いもありますが、全体的な印象と言いますか雰囲気が違うような気がします。
WR155R_2021_3.jpg
エンジンは水冷4ストローク単気筒/SOHC4バルブ/155ccとなります。
スペックとしては12.3kw/10,000rpmで14.3Nm/6500rpm。
WR155R_2021_etc1.jpg
燃料供給方式はインジェクションで始動方式はキックはなくセルフ式、シフトは常噛6段リターンとなります。
市販モデルなので当り前ですが、リザーバタンクのある水冷となりますがラジエターは右側(片側)だけとなります(因みに左側はバッテリーの積載スペース)。
WR155R_2021_etc2.jpg
リヤサスペンションはノッチ式の調整が可能ですが、フロントフォークは調整機能のない正立サスペンション(ジャバラではなく倒立っぽいカバーが付いていますが)となります。
ブレーキは前後シングルディスクでタイヤはフロント2.75-21+リヤ4.10-18、勿論二人乗り可能です。
フレームガードが標準なのは嬉しいですよね。
WR155R_2021_etc3.jpg
メーターは多機能デジタル=スピードにエンジン回転数とギヤポジションに燃料計が一目で分かりやすく表示されていて、ボタン操作でオドメーター/トリップメーター2セット/時計/平均燃費/瞬間燃費などが切替表示出来るようになっています。
左側ハンドルスイッチには、ヘッドライトのパッシングにハザードまでが装備されています。
左側ラジエターが装備されているかな?って部分のカバーを取外すと、そこにはラジエターではなくバッテリーが装着されています(因みに車載工具もバッテリー横に装備されています)。
WR155R_2021_etc4.jpg
WR155Rには、VVA=バリアブル・バルブ・アクチュエーション(吸気側のインテークバルブのリフト量を、エンジンの低回転時と高回転時に於いて各々のカムとロッカーアームを分割したり連結したりして可変させる機構とでも言えばよいのでしょうか)なる一風変わったシステムが採用されているようですが、実際に試走してみない事には正直???(申し訳ない)
だからなのか?EXUP(エグザップ)=排気脈動コントロールデバイスは装備されていません(キャタライザーはしっかり入っているようですけどね)。
機能も然ることながら見た目気になるところが一つ!その機能云々のなせる業なのか分かりませんが、フレームの前方しかも下部から取り回しているエキパイって?
フロントタイヤからの飛び石やガレ場や轍なんか走る際に、ちょっとばかし心配なのは私だけでしょうか?(エンジン左側だけかばーされてもね・・・)ハードヒット一発でNG!?
WR155R_2021_etc5.jpg
ハンドルは、太さは22.2mmの通常サイズのもので高さがなく引きも少ない一文字タイプがついていますが、跨った感じでは特に違和感はないように思います(好みですけどね)。
シフトペダルにステップは可倒式なので十分かなと思いますが、ワイドステップとかに交換したくなるかも知れません。
シート高は888mmと少しばかり高めって気もしますが、跨ってみるとサスペンションが適度に動きますしシートフォームの角が張っていないので、足つき性はそんなに気にならないかなと思います(176cm69kgの私で、土踏まずから先がベタっとつく感じ)。
WR155R_2021_etc6.jpg
ヘッドライトは昨今の規制ではないので、ライトもカウルも小柄な見慣れたデザインです。
テールは専用のフェンダーレスとかが発売されていないと思いますので、汎用タイプで要工夫って事になりますか。
実走行でテストした訳ではないので定かではありませんが、インジェクションで燃費は良いでしょうしフューエルタンクは8.1L入るので、林道ツーリング等で航続距離はに不安を覚えることはないのかなと思います。
もうちょいバラした写真を撮っとくべきでしたが(すいません)、シート下ステー下のカバーを外してエアクリーナーエレメントを脱着するようになるので少しばかり手間ですかね。


取り急ぎエンジンを始動させてみましたので、全てが純正状態での排気音(エキゾーストサウンド)をお楽しみ?ください。

KLX150Lが排気量なりのボリューム感(125ccと250ccの真ん中って感じ)なのに対し、WR155Rは250ccと見紛うサイズです(タイヤは細いですけど)。
カッコは良いんですけど、無駄にデカいかな(笑
オフロードでの運動性や走破性は、正直マンパワーによって異なるので何とも言えませんが、ハードダートやクローズドって事ではなく、林道ツーリング(しかも長距離での高速道路移動って事でもなく)が相性として良いのかも知れません。

メンテナンス等に関しましては、基本的に純正部品はインドネシアより都度取寄せとなりますので、通常でも二カ月を要しますし〇〇〇禍の影響下では数カ月の時間がかかる場合もあると思いますので、予めそれなりの覚悟が必要なのかなと思います。
リコールやクレーム等の保証がある訳ではありませんし耐久性の程も不確かなので、各自の許容範囲次第なのかなと思います。

共通テーマ:バイク
前の5件 | - 気になるアイテム ブログトップ